根魚商会って、なに?

根魚商会って?
 根魚・ロックフィッシュと呼ばれる、ソイ・アイナメを主なターゲットとして日夜活動するルアーフィッシャーマン集団。それが根魚商会です。
 
 2003年、メンバーの一人がソフトルアーでの根魚ゲームに興味を持ち、スピニングタックル&ジグヘッドリグで数々のランカーをキャッチ。仲間内でもこの釣りが流行り、当時牡鹿半島方面で開拓されつつあったベイトタックルによるヘビーテキサスリグを導入、さらに釣果を伸ばすことに成功しました。

 同時にポイントの開拓を進め、相馬の根魚ポイントはほぼすべて丸裸となったのでした。

 同年夏、現在の社長が
チーム結成の提案をした際、まるで仕事に出かけるかのごとく毎日フィールドへ足を運ぶメンバーの姿を見て、現在の広報担当が『会社みたいなチームにしよう』と思い立ったことが根魚商会の由来となっています。

 その後、メンバーは2003〜2005年にかけて相馬港のオカッパリを席巻、現在はオカッパリの第一線を退き、主にボートロックの可能性を模索中。それが根魚商会専属船の
商会丸です。

 また、現在は可能な釣りをすべて網羅することを目標に、ルアーでの青物、シーバスをはじめ、エサ釣り全般までこなすようになりました。
 これに伴い、根魚商会ホームページもバージョンアップを繰り返しており、2009年版ではルアーカテゴリを『根魚商会』で、船釣りカテゴリを『根魚商会FUNESTYLE』で紹介しています。
 
 当ホームページが、これから竿を握ろうとする方の後押しになれば幸いです。


ページトップへ   サイトトップへ
メンバー表
 創設時のメンバーは4名。
 当初のコンセプトから、社長・専務・(営業)主任・広報と名乗っています。

 2008年までこの4名を中心に活動してきましたが、社長に才覚を認められた1名が新規採用され、部長として登場しました。
 
代表取締役社長
相馬根魚ルアーの創設期より第一線で活躍する当商会のリーダー。根魚以外にもシーバス、ジギング、フラットなどのルアーゲームに精通。さらに船釣りも愛するという魚にとって一番恐ろしい存在である。

使用タックル
専用カスタムロッドのプレジデント(テムジンエゴイスト改)&カルカッタコンクエスト
専務
様々なフィールドでモンスターロックを追い求めるヒュージハンター。
根魚以外のルアーゲームにも精進する働き者。

使用タックル
EGスタリオン&メタニウムシリーズ
部長
後発の新人グループでは一番の古株。2009年初頭にその才覚を見込まれて晴れて商会入り。ここ一発の釣運を持ち、努力も怠らない好人物。ちなみに部長の由来は恰幅の良さからきて『DE部長』。

使用タックル
メガバスF7−77&アクラブ&カルカッタコンクエスト・アンタレス
(営業)主任
根魚商会創設期の主メンバー。実は社長の師匠でもある。長年積み上げた実釣能力は相当なレベルにある。オカッパリの最大記録はタコ10kgオーバー。

使用タックル
メガバス礁楽69&68、専用カスタム(バロウズ改)&カルカッタコンクエストマニア
広報
主任、社長に根魚ゲームを叩き込まれた当サイト管理人。エサ釣り、バス釣りなどを経て現在に至っている。早い時期にベイトタックルを導入した。

使用タックル
専用カスタム(メガバスF6−69改)、礁楽70&ジリオンHLC・PE、アンタレスシリーズ
ページトップへ   サイトトップへ
相馬の根魚たち
ベッコウゾイ
根魚代表ベッコウゾイ。相馬でのアベレージサイズは30〜35センチ。最大で50センチまで確認している。
現在は生息数が減少傾向にある。
アイナメ
こちらも言わずと知れた根魚代表のアイナメ。東北各地では最もポピュラーな魚といえ、地方によってネウ、アブラメと呼ばれる。
全般に生息数が多く、沖釣りでも人気である。
相馬でのアベレージサイズは30〜40センチ。最大51センチまで確認している。
クロソイ
近年大型が釣れるようになったクロソイ。個体数は少ないが、ポイントによっては狙って釣ることもできる。ボトムより中層の釣りに反応してくることが多い。
近年は小型が少なくなり、平均40センチ前後、最大46センチまで確認している。
ページトップへ   サイトトップへ